車の買取査定でトラブル発生?注意しましょう!!

車を処分する際は車が動かないなどの廃車寸前の状態でない限りは、車を買い取ってもらうことがほとんどだと思います。

 

車の買取には新しく車を購入する場合には下取りをしてもらいますが、他には中古車買い取り業者に買取をしてもらうという方法もあります。

 

車の買取の際、昔は業者に持ち込みが基本でしたが、現在ではインターネットを利用して簡単に見積もりを出すことが可能となっており、車買取の敷居が低くなっています。

 

ですが、簡単に見積もりが出せるようになった分、車買取査定のトラブルも増えていますので注意しましょう。

 

@自動車税
毎年車を所有している人に対して納付の義務のある自動車税ですが、この税金の額は4月1日〜翌年の3月31日までの分となっており、つまり前払いをして納めていることになります。ですので、自動車税を支払い後にその年度内に自動車を売却することになれば、もちろん総額を前払いしているため、手放す翌月以降の税金が返却されるのです。この自動車税の残りの分をあえて知らせずに手元にもっていってしまうという悪質な業者もいます。返却してもらえるものと思っていた税金が、査定額の中で含まれていて業者が持って行ってしまうなんてこともありますので、必ず自動車税の残りの分がどうなるのかを確かめるようにしましょう。

 

Aリサイクル料
平成17年1月1日から自動車リサイクル法が施行され、自動車を新車で購入した場合はその所有者となる人が前払いでリサイクル料を支払う制度となっています。リサイクル料を支払い後にそれを証明するリサイクル券(預託証明書)というものが発行されます。リサイクル券が発行された車を売却し、新たにその車を購入する時、その購入者はリサイクル券の分も料金を支払うことになります。車を売却する際にこのリサイクル券を買い取る為の費用が査定額に含まれているかいないかによって金額が変わってきますので、査定額に差が出てしまうことになりますので、査定額の確認の際はリサイクル料金が含まれているかどうかを聞きましょう。リサイクル料が含まれておらず、後から追加で請求なんてこともありえますので注意しましょう。

 

B返金
買取業者に車を買い取ってもらうということは、あなたが車を売却→販売する側となるわけです。そのため、販売者側には消費者保護法を守る義務が発生しているんです。ここでの消費者とは車の買取業者のことです。この法律では消費者つめり販売業者側の法律となるのです。査定時にミスがあり、あとからそのミス分の査定で差が出た分を返金なんてこともあるため、査定後には業者に返金請求がないことを念入りに確認しておきましょう。自分たちのミスなのにそれを棚に上げて返金請求するなんて業者もあるため、査定時に必ず返金請求についても確認をとっておいた方が後々安心ですよ。