廃車にするにはいくらお金がかかるのか?

車を廃車にする際、一番気になるのはその費用ですよね。

 

廃車をするためには手続きをするだけではなく、もちろんそれに対してお金が必要となります。廃車にかかる費用は、自分で行う場合・他の人に委託する場合や車の車種によって変わります。

 

 

廃車にかかる費用は、登録抹消費用・解体費用・リサイクル料の3つが必要となります。

 

廃車にかかる費用内訳はコチラ

登録抹消費用

廃車をするには陸運局もしくは軽自動車協会で末梢登録手続きをい行う必要があります。自分で行う場合は検査登録印紙代の350円です。他にナンバープレート・印鑑登録証明書・車検証の3つが必要となるので、これらを用意して陸運局か軽自動車協会に行って申請書を提出すればOKです。ちなみに車検が1ヶ月以上残っていれば、重量税の還付を受けることができますよ。

 

解体費用

解体業者に依頼すれば、費用は10000円程度ですが金属や車の部品などはお金になることがあるため、無料どころかお金をもらえることもあります。業者によって料金はかなり異なるので何社かで査定を受けることをお薦めします。車検が切れていたり、自宅に引き取りに来てもらう場合はさらに1〜数万円かかることもあります。自分で持ち込めば当然費用はかかりません。

 

リサイクル料

平成17年より施行された自動車リサイクル法により、使用済みの自動車にかかる引き取りやリサイクル料金は車の所有者が負担するように決められました。法律で定められている為、業者に委託する場合も自分で行う場合でも必ず必要となるお金です。これは車の車種によって大きく異なります。おおよその概算ですが、国産軽自動車約8000円、国産自動車は約10000円、外国車は約15000円、大型車は約20000円となります。車の車種や装備によって1台ごとに異なる為、詳しく知りたい方は自動車リサイクルシステムのホームページで照会することができるので、そちらを参照下さい。登録番号や車体番号を入力するだけで簡単に調べることができますよ。

 

車の廃車には上記のように様々なお金がかかりますが、やはり自分で行えば料金をかなり抑えることができます。

 

しかし、陸運局や軽自動車協会は平日しかやっていないため、土日休みの人は他に人に委託して行う必要があります。
他者に委託する場合でも、料金は結構異なります。

 

 

解体業者では無料〜15000円、中古車業者では無料〜25000円、ディーラーは10000円〜30000円、行政書士は数千円〜20000円です。

 

これらはあくまでもおおよその料金ですので、詳しくは各業者に確認して下さい。