廃車レベルの車がなんで売れるのか知ってますか?

事故で動かなくなった車や水没車、長年走り続けて大往生の車・・・これらの車は廃車処分するしかないとお考えの人も多いですが、決してそうではありません。専門の買取り業者に依頼すれば、引き取ってくれるのです。

 

 

引き取ると言いましたが、車の状態によっては買取ってもくれます。しかも依頼側が予想していた額よりも大幅に高い額で買取りが成立する事もあり、面倒な廃車手続きをしてしかもお金を支払って廃車にするよりも、面倒な手続きなしで車を引き取って貰えて、しかもお金が貰えるという、非常においしい思いをする事が可能なのです。

 

 

でも不思議なのが買取り業者です。そんな車を買取って(もしくは引き取って)得をするのでしょうか?儲けにならないと商売あがったりですから、きっと理由がある筈ですよね。その理由を探ってみましょう。

 

 

まず1つ、これら不動車の中には、修理をすれば復活してまた公道を走れる車もあります。買取業者は復活させる技術を取得していますから、買取った車をきちんと復活させてまた売るのです。勿論高価な価格で売り出す事はしないでしょうから、それなりの価格ではあると思います。

 

 

しかしその様な車を安値で欲しがる人もいますので、需要と供給のバランスは取れているのです。しかしいくら安値でも、かつて不動車だった車を欲しがる人はいるのでしょうか?例えば海外ならどうでしょう。新車ばかり欲しがる日本人と違い、海外には“とりあえず走れば良い”という考えを持つ人は沢山います。

 

 

 

少し外が暑くなると車の窓を閉め切り、クーラーをかけるのは日本人だけだと言っても良い位で、海外ではエアコン機能がなくてもへっちゃらな人達は多いです。しかもmade inJapanの車なら例え修復車でも高品質で問題ないという見解が多く、日本車は大人気。そして海外とのネットワークが強い日本の買取り業者は、修復車を独自に売りさばいて儲けています。彼らが主に市場にしているのは、日本ではなくむしろ海外です。

 

 

 

そしてもう1つ、修復不可能な車でもパーツだけ売れる事もあります。その車自体にはそれほど価値が無くても、パーツには価値がある訳です。例を言うと、タイヤ・ホイール・オーディオ・ハンドル等で、それぞれ別々に販売するのです。やはり海外での需要が高いですが、日本でもマニアの間で人気が強いです。

 

 

 

生産中止の部品をどうしても欲しがる人は、例え高額になろうとも手に入れるケースがあります。追加ですが、パーツだけでなく鉄が売れる事もあります。買取った車をスクラップにすると、大半は鉄くずになります。この鉄くずに資源としての価値があるのです。

 

 

2008年のリーマンショック以降、鉄の価値は大きく下がってしまいました。昔程の価格で売れる事は少なくなってきましたが、お金を出して廃車手続きするよりは価値ありだと思います。

 

 

この様な理由から考えると、もしも廃車同然の車があるのなら、決して廃車手続きをせずに業者に依頼する事をお勧めします。思わぬお小遣いが発生するかもしれません。