下取りと買取論争について

今乗っている車を手放そうとする時、その選択肢はそんなに多くはありません。

 

まず事故などで故障して動かなくなってしまったような車や、年式が古くて買取もたいした額が行かないような車は廃車となるでしょう。

 

また、知人などに譲ると言うのも手放す一つの方法です。

 

もちろんただ上げるだけではダメですので、名義変更などの手続きは必要になるでしょう。廃車や名義変更は少数であり、多くの人が車を手放すなら買取若しくは下取りに出すのではないでしょうか?

 

 

車を手放す際、少しでも走る車ならそれだけで価値があるんです。廃車にすると手続きなどで手数料がかかりますし、廃車専門の業者に依頼しても依頼料がかかってしまうでしょう。

 

 

そんなことをするくらいなら、少しでもお金になるようならば買取もしくは下取りに出した方が無難でしょう。

 

 

車を手放す多くの人が、新車を購入する際に下取りとして出す方法、もしくは車買取業者などに車を直接買い取ってもらう方法のどちらかを選択しているのです。

 

では、車の下取りと買取ではいったいどちらが得になるのでしょうか?

 

車を手放すことを考える時・・・

車にはそれぞれ価値があり、その市場での価値によって買取や下取りの額が大きく変動することになります。車の下取りはディーラーは車を購入してもらうため、下取り価格を高く取ってくれそうですが、実はそうではありません。

 

 

車の下取り価格を高く上げすぎてしまうと、結果として新車を購入してもらっても損をしてしまうことになるので、市場の価値以上に買い取ってくれることは少ないでしょう。市場の価値で買い取ってもらうなら、下取りでも買取でも同じだと思っていませんか?

 

 

実は下取りと買取では大きな差があるんです。

 

 

ディーラーでの下取りとなると、どうしてもディーラーは販売がメインとなるため、下取りした車を販売するのは別の販売業者に委託していることが多いのです。

 

 

そのため、ディーラーから車の販売業者との間に中間マージンが発生してしまうため、市場価格からマージン分が差し引かれた額が下取りの価格になりやすいのです。

 

 

車買取業者での、買取となると車を買い取ることをメインとしているため、中間マージンが発生することなく買取業者と直接のやりとりとなるので、下取りよりも買い取り価格が高くなりやすいです。そのため、下取りと買取ではどちらが得なのかという答えは、買取の方が得になると言えるでしょう。

 

 

もちろん、ディーラーや車買取業者によっては高く下取りをしてくれるディーラーもあれば、安くしか買い取ってくれない車買取業者もあるので一概にすべての買取がよいというわけではありませんので注意して下さい。

 

 

下取りをしてもらう際に注意したいのは、最初の見積では下取り価格をかなり低くしておいて、その後の交渉の時に新車の料金は下げれないため、最初に低く提示しておいた下取り価格を通常の価格に引き上げて、さも得をしたように思わせる手口があるそうです。

 

 

実際には下取り価格が正式な金額になっただけであり、得をしているわけでもないですし、ディーラーが損をしているわけでもないのですが、こういったことを知らないと、下取り価格が上がったと喜んで契約をしてしまう人もいるそうです。

 

 

そうならないためにも、車の価値は事前に調べておいた方がいいでしょう。

 

 

今ではネットなどで簡単に車の価値や市場の価格、中古車市場での買い取り額の推移などを知ることができるんです。そういった情報を集め、実際に自分の車の価値がどれくらいあるかを知ってから、下取りもしくは買取を行うようにしましょう。

 

 

せっかく大事に乗ってきた車なのですから、少しでも高く手放した方がいいに決まっていますよね。買取の方が下取りよりも高い金額になる傾向にはありますが、車の車種や状態、店によって条件が大きく異なることがありますので、しっかりと情報を集めてから手放すようにしましょう!