水没した車は乗れなくなるの?廃車?買取ってくれるの?

ここ数年、車が水没してしまう事例が多くなっています。

 

というのも、最近は雨の降り方が変わり、突然急激な大雨が降る、いわゆるゲリラ豪雨が多くなってきており、排水できる限界を簡単に越えてしまい、あっという間に道路に水がたまってしまったり、ひどくなると川が氾濫してしまって車が水没してしまっているんです。

 

 

最近では台風の影響によって茨城県で鬼怒川が氾濫してしまい、多くの家屋に被害が出ました。

 

 

もちろん車も大量に流されてしまいました。では、車が水没してしまった場合、その車はどうなってしまうのでしょうか?

 

 

まず、水没してしまった車は冠水車といわれます。

 

 

水没した車とはいっても、その水没した状況によって車の状態は大きく変わります。

 

水没した車で一番避けたいのはエンジンルームに水が入り込んでしまうことです。

 

 

エンジンが水につかってしまうと最悪エンジンがかからなくなってしまい、走ることができなくなってしまいます。エンジンがかかり走行することが出来たとしても、間違いなく車の寿命は短くなってしまっているんです。

 

 

タイヤにつかるくらいならまだましですが、それがさらに上になり、フロア内に入ってしまったり、シートを越えて、さらにハンドルの上まで行ってしまうと車内のほとんどが水につかることになってしまい、多くの車が故障してしまうことになります。

 

 

 

車は精密な機械で構成されており、また多くの電子機器が利用されているため、水に弱い構造となっています。

 

 

一度水につかってしまうと、エンジンが動いたとしても、それ以外の電子回路がやられてしまっていては車が走ることはできません。また、車内に水が入ってしまうと、シートやベルトなどなど社内全体が水や泥が入り込んでしまうため、乾いたとしても臭いがすごいことになるでしょう。

 

 

 

シートを取り外して丸洗いなんてことも出来ません。またカーナビなども水につかれば間違いなく壊れてしまいます。水没した車は売却する時にも大きなマイナスとなってしまいます。車を売却しようにも、水没したということは隠しても業者が確認すれば簡単にばれることになります。

 

 

水没した車は購入者が少ないため、買取金額も間違いなく安くなってしまいます。

 

 

業者が買い取ったとしても、店に出せるようにするため、車体・車内全ての清掃が必要ですし、壊れた場所があれば修理が必要ですし、故障した部品は交換することもあるでしょう。清掃や修理・交換には費用がかかってしまうため、どうしても買取金額は低くならざるをえないのです。

 

 

 

故障してしまっていても、大した金額で売却できないのであれば、直して乗ろうとしてもそれまた多額のお金がかかります。

 

 

水につかって故障した部品は交換が必要になりますし、修理するのにもお金がかかります。下手をすると修理日で中古車が帰る金額になってしまうこともあるようです。以上のように、車が水没してしまうとその被害は想像以上になってしまうんです。

 

 

 

とはいえ、水没した車をそのまま放置するわけにはいけません。もしも車が水没してしまったら、早急に車の状態を確認して修理にするのか、そのまま乗るのか、売却すのか、廃車にするのか決めるといいですよ。

 

 

 

長く時間がかかればかかるほど損害が広がっていくもので、車の寿命は短くなりますので、専門家などに確認してもらってどのようにすればいいのかアドバイスをもらうといいでしょう。たとえ水没した後でも走っているから問題ないとそのまま乗っている人もいますが、損害の状況を知らずに乗っていると、どんどん車が劣化して行ってすぐに故障してしまうかもしれません。

 

 

 

一度水没した車は、たとえ走ったとしても一度車の専門業者に状態を確認してもらいましょう。

 

 

早めに修理しておけば、その後の損害を抑えることが出来るかもしれませんよ。また、車両保険に加入していれば、水害による被害は車両保険を利用して直しても、次の保険料が上がることはないのです。

 

 

 

あわてて修理に出す前に、保険会社に連絡して保険を利用して週することができるかどうかを確認するといいですよ。

 

 

 

もしも修理するか、次の車に乗り換えるか迷っているのであれば、修理費を先に見積もってもらいましょう。その金額が車の購入費を越えてしまうようであれば買い替えた方が無難でしょう。修理しても車の寿命は短くなっていますし、水没したことで車の価値は大きく下がっているのです。

 

 

 

そんな車を高い金額を支払って修理するくらいでしたら、下取り価格がどれだけ安かろうが、新しい車に買い替えた方がいいですよ。