事故車は廃車以外の処分方法もあるんです

酷い事故車は買取って貰えない?廃車にするしかない?

 

いいえ、ちょっと待って下さい!廃車にするには廃車費用が掛かりますし、それなりの時間と手間も掛かります。

 

陸運局に行って書類を記載して・・そういえば陸運局って何処にあるの?

 

まずそこから調べなくてはいけませんね。つまり時間と手間と費用を要して廃車にする訳ですから、こちら側は損するばかりです。

 

 

その前に1度、無料の中古車一括査定を利用すると良いと思います。

 

 

普通の中古車なら、きっと色んな買取業者から需要があるでしょう。それなりの売り値がつく事を期待して良いです。しかし問題は事故車です。普通の買取業者の場合、軽い事故車なら買取ってくれる事が多いです。この場合の注意点として、かならず査定前に事故車である事実を伝えて下さい。業者は査定のプロですから、もし見積もりの段階で誤魔化せても実際に実物を見れば大体の事はお見通しです。

 

 

それなのにだんまりを決め込むと、業者側が不信感を抱きます。それよりも素直に事故車である事を告げた方が、その後の交渉自体がスムーズになります。もう1つ、せっかく事故車を買取ってくれるのだからと、最初に見積もりを取った1社で即契約するのは間違いです。最近は事故車でも程度が良ければ、通常の買取業者で買い取って貰える事が多いです。自分の車は事故車なんだと卑下せず、複数の買取業者に見積もり依頼して高い値段がつく事を期待して下さい。

 

 

事故車を買取ってくれるという事で、予想以上に高い価格を提示してきた業者は詳しく調べるひと手間も必要です。
この業者は本当に信頼できるのか?これをチェックしておけば安心して事故車を手放せます。

 

 

次に程度の悪い事故車、例えば不動車や廃車寸前レベルの事故車の場合、普通の中古車買取業者では買取って貰えないと思います。上記で説明した通り、廃車の文字が頭をちらついてきますね。しかし手間や出費の事を考えると、何だか損をしてしまう感じがして納得いきません。それなら事故車専門の買取業者に依頼してみましょう。ここで注意事項ですが、事故車の中でも程度の悪い車を売るという事で、どうしても「買取って貰える」「引き取って貰える」という「○○して貰えるだけで有り難い」みたいな感覚になります。

 

 

どうしようもないポンコツ車を引き取って貰えるだけで有り難いという気持ちが大きすぎると、安い買値を突き付けてきた事故車買取専門店の思うつぼになり兼ねません。やはりここでも複数の事故車買取り専門店に査定依頼する事が大切なのです。

 

 

それにしても動かない事故車を買取って、専門店側のメリットはあるのでしょうか?修理が出来る車は修理して海外へ売却されます。海外の人は日本人ほど修復歴や事故歴を気にしませんから、例え事故車でも的確に走ってくれれば問題ないと考えます。修理できない車はバラして部品として売却する、最悪の場合は鉄くずとして売却できます。専門店側としては、どちらにしても明確なメリットがあるのです。

 

 

事故車でも程度によって買取可能、更に程度が悪くても買取は可能だという事が分かりました。程度が良くても悪くても沢山の業者に査定を依頼してみるのが重要みたいです。その後納得いく価格で売却できれば、こちら側としては万々歳だと思います。