制定後は、新車購入時に支払われています

自動車リサイクル法とは、その名称の通り自動車をリサイクルする際の費用を負担してもらう為の制度です。

 

自動車を購入する際、購入者がリサイクル料を負担することとなっています。

 

このリサイクル料で使われる料金の内容は、シュレッダーダストやエアバッグ類、フロン類の引取やリサイクルの料金です。

 

使われるのは廃車の時ですので、このリサイクル料金は資金管理法人が管理しています。

 

元々自動車は金属が多く使用されています。その為、リサイクル率も高い商品でもありました。

 

ただ、日本はトヨタに代表される有力企業も多く、自動車の販売台数も多いです。

 

それだけに廃車になる車も多く、一年に360万台が廃車になっています。

 

総重量の80%はリサイクルされていますが、残りの20%はゴミとなっています。

 

効率よくリサイクルはされてきましたが、埋立地などの減少に伴い制度が必要になったわけです。

 

この自動車リサイクル法は2005年1月から始まっており、自動車購入時の負担はその分増えるようになりました。

 

リサイクル料金は6,000円から18,000となっています。

 

これは自動車に装備されているエアバッグの数や車種、それにエアコンの有無などによって異なります。

 

このリサイクル料の支払いは購入時に行います。

 

 

所有者が負担する制度ですので、中古車として売却した際は売却価格に加えてリサイクル料金も受け取れるようになっています。

 

その為、売却の際はこの点に注意したいですね。

 

リサイクル料はその車を所有することで、ついて回るコストです。

 

限りある資源を守る為に、自動車リサイクル法はなくてはならない制度となっています。